売却に掛かる費用

1.仲介手数料
一般的に成約価格×3%+6万円に消費税となります。
<例>売却物件が3,000万円で成約した場合
3,000万円×3%+6万円=960,000円に消費税8%=1,036,800円となります。
2.印紙税
不動産売買契約書に貼付する印紙の負担分です。
<売買価格>           <印紙代>
500万円超 ~ 1,000万円以下    5,000円
1,000万円超 ~ 5,000万円以下  10,000円
5,000万円超 ~ 1億円以下    30,000円
*上記税額は平成30年3月31日までに作成された売買契約書に適用されるものです。
3.抵当権の抹消費用等
売却物件に住宅ローンなどの抵当権等が設定されている場合は、その末梢費用が掛かります。
一般的には10,000円~30,000円が相場かと思われます。ただし抵当権の本数にも異なってきます。
また、売却物件の全部事項証明書に記載されている住所とお客様の現住所が相違している場合は
住所変更登記が必要となります。費用は抵当権抹消と同等の金額が掛かります。
4.測量費
不動産の売買契約には「境界の明示」が条文に入っております。
土地や戸建ての場合、何かしらの理由で隣地との境界杭が無くなっていることがあります。
この場合は測量士に依頼して境界杭の復元が必要となります。
一般的に簡易的な復元であれば100,000円~200,000円が相場かと思われます。
5.譲渡所得税
不動産を売却した場合には、翌年の3月15日までに確定申告が必要となります。
申告により利益が生じた場合は、その利益に対して譲渡税がかかりますが、
売却の種別や所有期間等により税率が異なります。一般的なことであればまずはご相談ください。
<参考>
税額=(売却価格 - 購入当時の金額 - 売却に要した費用 - 特別控除) × 税率
譲渡した年の1月1日における所有期間が
5年を超える場合は・・・税率20%
5年以下の場合は・・・・税率39%
居住用資産を譲渡した場合には3,000万円の特別控除等があります。*専門的なアドバイスには有資格者へのご相談が必要となります。